FC2ブログ

故郷♪大竹に生きる

本屋です。趣味は、合唱・合奏。ブログを初めます。55歳からの挑戦。

TOP生きる ≫ 臓器移植・・。

臓器移植・・。

6月17日 004

ニュースを真剣にみるわけではないので 語る資格はないのだが・・

臓器移植の事がしきりにいわれてる

片方では 国内移植できず 海外移植の矢先に亡くなってしまった子どもの両親

片方では 脳死状態のわが子をもつ母親

国会では ニタニタしながら投票する議員達

テレビの画面をぼんやり眺めながら やりきれない気持ちになる


メディアはどうして こういう報道の仕方をするんだろう



臓器移植・・生きる命と、経たれる命


脳死状態であれ 子どもの生命力ははかりしれない

命をつないでいれば 数年先には医療の進歩で 奇跡がおきるかもしれない

命を絶ってしまえば そこで全ては終わる

命をつなぐほうにかけるのは 親として当たり前



世界中の人が「あなたの子どもはもうダメよ・・」

といわれても 「いーーーーや、うちの子は大丈夫なんだ!!」

信じて疑わない・・あたりまえだ。



一方では このままでは経たれる命が移植によって 救われる可能性がある

人の臓器を移植しなくても 人工的に命がつながる方法があれば・・


日本の医療技術の向上を何より先に考えて欲しい。










スポンサーサイト



Comments(2)   Trackbacks(0)

Comment

みーなる URL

たぶんmituねーさんと同じ番組見たよ。
亡くなった赤ちゃんの画像とA案が可決した瞬間のそのお父さんの涙。
現在脳死状態の子供と親子3人で生活されてるお父さんの複雑だという心境。
どちらも胸が痛いよね。どちらも同じ大切な命でも立場が違うと…

何も出来ないだけにやりきれない気持ちになったよ。

2009年06月19日 (Fri) 19:12

mitu URL

♪みーなるちゃん

脳死を人の死と認める・・なんて、ぜーーーーーったいおかしい。
細胞が生きてるかぎり人も動物も植物も再生の可能性があるんだから・・。

大竹の総合病院は 小児科がなくなったという。子どもが安心して生活できない市なんて人口が増えるはずがないよね。
医療の本質がどっかへ飛んじゃってる気がしてならない。

2009年06月20日 (Sat) 14:41















非公開コメント

Trackback

Trackback URL

プロフィール

mitu

Author:mitu
広島県大竹市在住
秦政書店店長1954年2月生
大竹女声合唱団団員(アルト)
大竹市民吹奏楽クラブ団員(フルート)
山と川と海
大竹は自然災害の少ない街です
きてみんさい♪
見た目も心もO型

最新記事
最新コメント
リンク
カレンダー
03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
広島ブログに参加してます。
ポチっと・・よろしく。 広島ブログ
FC2カウンター
月別アーカイブ
カテゴリ
一緒に音楽を楽しみましょう
団員募集中  見学OKです。            ♪大竹女声合唱団♪  毎週火曜日19:30~  大竹市総合市民会館2階  指導・指揮 平野薫先生  ピアノ 西濱ちえ子先生               ♪大竹市民吹奏楽クラブ♪  毎週 火・木曜日19:00~  大竹市立大竹中学校3階  指導 谷川・山下
オススメCD
よし乃 紀(おさむ)           愛より深く/永遠(とわ)の雪/歴史時間(カイロス)へようこそ        1000円     お申し込みはコメント欄へどうぞ。鍵コメOK。
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
最新トラックバック
Powered